▶ログイン
Home

"事務局" の記事一覧

新商品開発事業 デザイナーとの共同開発に係るご案内(12/11まで)

Wed, 2019/12/04 - 17:09
 丹後織物工業組合では、国内外新規市場向けの新商品開発事業として、ファッション・インテリア等のテキスタイル開発に向け、国内外にて活躍のデザイナーとの共同開発をご希望する事業者を募集します。
 希望される事業者様につきましては、下記内容をご確認の上、申請書をFAX、郵送、またはメールにてご提出いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

■ 共同開発デザイナー : 寺西俊輔(ARLNATA)

京都大学建築学科を卒業後、「YOHJI YAMAMOTO」で生産管理やパタンナーを経てミラノへと渡る。代々受け継ぐ高いテーラーリング技術を背景に構築的なラインを作り出してきた「CAROL CHRISTIAN POELL」でチーフパタンナーを務め、「AGNONA」でStefano Pirati専属の3Dデザイナーとして経験を積んだ後、「HERMES」から声がかかり、パリへと移りウィメンズのプレタポルテの3Dデザイナーとして働いた後、2018年末に帰国して「ARLNATA(アルルナータ)」を始動。

■ 内容

 ・ファッション・インテリア等の国内外新規市場向けテキスタイル開発、アドバイスなど
 ・全体で2~3点の完成品(洋服、小物など)の開発
  ※なお、申請いただいた事業者様からデザイナーが人選などを行いますのであらかじめご了承ください。
  (最大8社)開発に際し原材料費など一部助成あり

■ 募集期間:令和元年12月4日(水)~12月11日(水) 申請書持参、郵送またはFAX(11日17時必着)

 

新商品開発事業 デザイナーとの共同開発に係るご案内

新商品開発事業 デザイナーとの共同開発に係る申請書(PDF)

新商品開発事業 デザイナーとの共同開発に係る申請書(WORD)

 

■ 申請書提出・問合せ先

 丹後織物工業組合 担当者:藤原・藤堂
  〒629-2502 京都府京丹後市大宮町河辺3188
  TEL0772-68-5222/FAX0772-68-5300

 

「丹後織物総合展」を開催 10/2-10/3

Tue, 2019/10/01 - 08:00

【~丹後織物産地の織物事業者トップランナー13社が首都圏にて「丹後織物総合展」を開催 10/2-10/3~】

 

 10/2-3丹後産地の丹後織物総合展「Tango Fabric Marche」(展示商談会)を東京代官山にて開催します。

丹後内において企画・製作された代表的な織物の数々が、ヒルサイドテラスアネックスA棟に大集合します。

 京都府の北部に位置します丹後地域では、代表的な産業である「丹後ちりめん」が2020年に創業300年を迎えます。一昨年には『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』として国の日本遺産に認定され、織物産業を中心として発展した歴史や文化が再び注目を集めつつあります。
 会場では、丹後地域で製織された「丹後ちりめん」の技法と現代の織技術・デザインを融合させ、世界にも認められているバラエティー豊かな丹後発素材をトップランナー13社がご提案します。
 皆さまのご来場お待ちしております。

【 丹後織物総合展 開催概要 】
(1)名 称  丹後織物総合展 / 展示商談会
(2)会 期  令和元年10月 2日(水)・ 10月 3日(木)10:00~18:00
(3)会 場  ヒルサイドテラス アネックスA棟/東京都渋谷区猿楽町29-21/会場TEL:03-3462-2633(会期中のみ)

     最寄り駅:
     ●東急東横線[代官山駅]下車 徒歩3分
     ●東急東横線/地下鉄日比谷線[中目黒駅]下車 徒歩7分
     ●JR山手線/JR埼京線/地下鉄日比谷線[恵比寿駅]下車 徒歩10分
     ※駐車場のご用意は出来ないため、公共の交通機関をご利用ください。

(4)主 催  丹後ちりめん創業300年事業実行委員会
(5)出展者  13社

 京都府の京丹後市と与謝野町に拠点を有し、新規販路の開拓などに意欲的に取り組む織物関係の事業者が参加します。
  ○洋装分野の繊維素材メーカー 5社 (与謝野町5社)
  ○和装分野の繊維素材メーカー 7社 (京丹後市2社、与謝野町5社)
  ○その他染色加工メーカー   1社 (京丹後市1社)
  (株)一色テキスタイル・(株)大江・クスカ(株)・柴田織物・創作工房糸あそび・大善(株)・民谷螺鈿(株)・田勇機業(株)・丸仙(株)・宮眞(株)・安田織物(株)・(株)山藤・(有)山政テキスタイル

 

京都・丹後で育まれた絹織物の歴史。

 1720年に誕生した「丹後ちりめん」はきものの代表的な生地として和装文化を支えてきました。伝統と格式がもたらす、素材の上質感。そこから培った唯一無二の魅力と技法。丹後地域は、「丹後ちりめん」で有名な撚糸技術とジャカードによる多彩な柄表現を得意とする織物産地で、特に国内の和装用白生地生産の約7割を占めます。得意とするシルク素材からポリエステル・レーヨンの化合繊素材、シルク・ウールなどの複合素材、真綿ツイード、ヨーロッパで好評だったちりめん素材、貝殻を織り込んだ螺鈿素材、PVC引箔素材、プリント加工など、伝統と現代の感性を取り入れたオリジナル素材を開発・生産しています。
 会場では、丹後地域で製織された「丹後ちりめん」の技法と現代の織技術・デザインを融合させ、世界にも認められているバラエティー豊かな丹後発素材をトップランナー13社が提案します。ファッション・インテリア・きもの・アクセサリーetcの素材が揃います。伝統と革新の融合によるオンリーワンのものづくりをモットーに、丹後はこれからも繊維素材の総合産地を目指します。
 日本文化を未来へ紡ぐ新たなSTORYが、ここ丹後から始まります。

 

丹後織物総合展WEBページはこちら 

丹後織物総合展facebookはこちら

 

【海外での展開例】
展示会出展 : Premiere Vision・MAISON&OBJET・PITTI UOMO・Milano Unica
コラボ事例 : on oura tout vu・Aganovich・GASPARD YURKIEVICH 他

 

 

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会〈構成団体〉
丹後織物工業組合/丹後機械工業協同組合/宮津商工会議所/京丹後市商工会/伊根町商工会/与謝野町商工会/(公財)京都府丹後文化事業団/(一社)京都府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)/(株)京都銀行/京都北都信用金庫/但馬信用金庫/丹後海陸交通(株)/WILLER TRAINS(株)/京都府/宮津市/京丹後市/伊根町/与謝野町

 

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会 事務局
TEL 0772-68-5222/FAX 0772-68-5300
300info@tanko.or.jp
https://tangoopen.jp/

 

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会|Facebook

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会|Instagram

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会|Twitter

 

丹後ちりめん創業300年PR事業交付金の対象事業の二次募集について(10/29まで)

Mon, 2019/09/30 - 13:08
                      丹後ちりめん創業300年事業実行委員会

 

 丹後ちりめん創業300年事業実行委員会では、令和2年(2020年)の丹後ちりめん創業300年に向けて、より一層の情報発信、機運醸成を図るため、丹後地域内の住民団体が令和元年度に取り組む丹後ちりめん300年PR事業と連携し、支援するための交付金の対象事業を次のとおり募集します。

 

1 予算額

 40万円(平成30年度からの継続事業)

 

2 助成事業の対象者

 ア 丹後地域の住民によって組織された非営利団体
 イ 法人格の有無は問わないが、規約、代表者の定めがあり、交付金受入先としての預金口座を有することが必要です。
 ウ 次の団体は対象外とします。
 ・特定の政治・宗教・思想等に係る団体・暴力団の統制下にある団体
 ・営利または構成員の互助を主たる目的とする団体

 

3 助成事業の内容

(1)丹後ちりめん創業300年の機運醸成につながる事業

 (例)
 ア 講演会、交流会、ワークショップ、イベント開催
 イ フィールドワーク、まち歩き事業(織物工場、日本遺産「丹後ちりめん回廊」の構成文化財などの見学)
 ウ パネル展示、パンフレット作成、映像制作
 エ 丹後地域内での和装振興につながる事業(きものの着付け教室など)

(2)住民により自主的・主体的に行われ、申請団体の構成員以外の住民も広く参加できる事業であること

(3)原則として、令和2年3月13日までに交付金事業が終了するもの

 

4 交付金の上限など

 ・交付金の上限額は20万円とするが、予算の範囲内で交付決定を行う
 ・対象事業経費が10万円以上であること
 ・助成率
  新規事業 既存事業(新たな取組が含まれていること)
地域の小学校・中学校・高等学校生を対象とする事業(学校行事として行うものを除く)  10/10以内    2/3以内
上記以外の事業   2/3以内    1/2以内

 

5 申請及び様式等

 ・交付金を申請する際には、所定の申請書を実行委員会へ提出してください。
 ・申請内容について実行委員会による審査を実施し、採択を決定します。(申請者にも審査会に出席していただきます)
 ・交付金交付要項・申請書様式は、下記、丹後織物工業組合HPからダウンロードできます。

丹後ちりめん創業300年PR事業交付金募集要領(PDF/176KB)

丹後ちりめん創業300年PR事業交付金交付要綱(PDF/125KB)

丹後ちりめん創業300年PR事業交付金申請様式(ワード/59KB) 

丹後ちりめん創業300年PR事業交付金注意事項(PDF/168KB) 

 

6 募集期間

 令和元年9月30日(月)~10月29日(火)17時まで(必着)

 

7 提出先

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会へ持参または郵送

〒629-2502  京都府京丹後市大宮町河辺3188番地

*詳細についてのお問い合わせは、実行委員会事務局まで

 

[問い合わせ先]

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会 事務局

TEL:0772-68-5222/FAX:0772-68-5300/E-mail:300info@tanko.or.jp
URL:https://tangoopen.jp/

 

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会<構成団体>
丹後織物工業組合/丹後機械工業協同組合/宮津商工会議所/京丹後市商工会/伊根町商工会/与謝野町商工会/(公財)京都府丹後文化事業団/(一社)京都府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)/(株)京都銀行/京都北都信用金庫/但馬信用金庫/丹後海陸交通(株)/WILLER TRAINS(株)/京都府/宮津市/京丹後市/伊根町/与謝野町

 

丹後ちりめん創業300年事業 TANGO OPENロゴマーク認定事業者決定

Wed, 2019/09/18 - 13:07
丹後ちりめん創業300年事業 ロゴマーク認定事業者決定

~ TANGO OPEN ~

 

令和元年9月18日

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会

 

 丹後織物工業組合、各市町、京都府等で構成する「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会」では、この度、新たなブランドロゴマーク「TANGO OPEN」を活用する事業者の第3回募集を行い、審査の結果4社を認定事業者に決定しました。

 9月2日に開催した認定審査委員会にて申請のあった4社について所定の認定基準に基づき審査を実施し下記のとおりTANGO OPENロゴマーク認定事業者とすることを決定しましたのでお知らせします。

 加えて、昨年度第一回認定の13事業者について全社より更新の申請が提出され、上記認定審査委員会にて審査し更新を決定しました。

 認定事業者は、第1回及び第2回募集分(17事業者)と併せて、計21事業者となります。

 

○ 概要

  募集期間    令和元年8月1日(木)~8月21日(水)
  認定審査委員会 令和元年9月2日(月)
           (審査委員4名:玉田泉氏、佐藤としひろ氏、北川一成氏、德光次郎氏)
  認定期間    令和元年9月10日(火)~令和2年9月9日(水)※更新には手続き必要

 

【第3回認定事業者(4事業者)】 ※五十音順

事業者名 代表者 所在地
今井織物株式会社 代表取締役 今井 英之 与謝野町字岩屋
臼井織物株式会社 代表取締役社長 臼井 博路 与謝野町字下山田
江原産業株式会社 代表取締役社長 江原 英則 与謝野町字算所
谷勝織物工場 谷口 勲 京丹後市網野町掛津

 

【認定事業者(17事業者)】 ※五十音順

事業者名 代表者 所在地
株式会社一色テキスタイル 代表取締役 一色 直樹 与謝野町字岩滝
株式会社オクダ 代表取締役社長 奥田 薫 京丹後市網野町浜詰
クスカ株式会社 代表取締役 楠 泰彦 与謝野町岩屋
コウジュササキ株式会社 代表取締役社長 佐々木貴昭 与謝野町加悦
山象舎 代表 堤 木象 京丹後市網野町浅茂川
芝井株式会社 代表取締役 芝井 公二郎 与謝野町石川
染色工房嶋津 代表 嶋津 澄子 京丹後市峰山町安
創作工房糸あそび 山本 徹 与謝野町字幾地
民谷螺鈿株式会社 代表取締役 民谷 勝一郎 京丹後市丹後町三宅
田勇機業株式会社 代表取締役社長 田茂井 勇人 京丹後市網野町浅茂川
松村株式会社 代表取締役 松村 滋 京都市下京区烏丸通五条下る
宮眞株式会社 代表取締役 宮﨑 輝彦 与謝野町字岩滝
安田織物株式会社 代表取締役 安田 章二 与謝野町字後野
株式会社山藤 代表取締役 山添 憲一 与謝野町字弓木
遊絲舎 代表 小石原 将夫 京丹後市網野町下岡
由里機業場 由里 雅春 与謝野町石川
株式会社吉村商店 代表取締役社長 吉村 隆介 京都市中京区室町通御池上る

 

丹後ちりめん創業300年事業 ロゴマーク認定事業者決定プレス資料(PDF/171KB)

TANGO OPENとは(PDF/1MB)

TANGO OPEN WEB

 

 

【問い合わせ先】
丹後ちりめん創業300年事業実行委員会事務局 千賀
〒629-2502 京都府京丹後市大宮町河辺3188(丹後織物工業組合内)
TEL:0772-68-5222/FAX:0772-68-5300/E-mail:300info@tanko.or.jp
URL:https://tangoopen.jp/

 

第70回丹後織物求評会出品募集について(9/13まで)

Thu, 2019/09/05 - 13:12

 来る11月13日(水)~15日(金)の3日間に亘り、第70回丹後織物求評会」を昨年同様、丸池藤井ビルにおいて開催いたします。非常に厳しい商況下ではありますが、求評会では多くの業界関係者が来場され、商談や情報交換が盛んに行われています。是非、自己商品のPRの場、また販路開拓の場として別紙出品募集要領に基づき奮ってご出品いただきますようお願い申し上げます。

 今回、広幅地につきましても審査対象とし、後染、先染織物の各部門にて審査を行います。
 なお、展示会場におけるレイアウト作成の関係上、申込方法を仮申込・本申込の2段階方式とさせていただきますので、出品を希望される方は必ず事前に仮申込書を提出していただきますようご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 今回も、求評会出品物限定で組合加工場の無地染め(浸染)を特別料金にて加工します。

 

※出品物等の期限は、下記の通りですのでお早めの対応をお願いします。

 

 1.仮 申 込 期 限     9月13日(金)
 2.特別料金の生機入荷期限 10月 1日(火)※中央加工場必着
 3.本 申 込 期 限 10月25日(金)
 4.出品物本部搬入期限   11月 1日(金)
     ※染見本、展示用巻仕立て完了状態でお願いいたします。

 

 【 第70回丹後織物求評会】
  日 時  令和元年11月13日(水)13:30~    審査会
             14日(木)10:00~17:00 展示商談会
              15日(金)10:00~16:00 〃
  場 所   丸池藤井ビル3F
         (京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町540)

 

ご不明な点は丹後織物工業組合 総務1課へお問い合わせください。

 

◆問合せ先
丹後織物工業組合 総務1課 求評会担当:上田
TEL:0772-68-5211 FAX :0772-68-5300
E-mail: info@tanko.or.jp

 

 

 

丹後ちりめん創業300年PR事業交付金の交付決定

Thu, 2019/09/05 - 13:05
 丹後ちりめん創業300年事業実行員会では、令和元年度丹後ちりめん創業300年PR事業交付金事業において2件の事業を採択し、令和元年8月29日付けで交付金の交付決定を行いました。
 各団体の取組みについては、追ってホームページ等で紹介いたします。

 

 

■概要

 丹後ちりめん創業300年事業実行員会では、2020年の丹後ちりめん創業300年に向けて、より一層の情報発信、機運醸成を図るため、丹後地域内の住民団体が令和元年度に取り組む丹後ちりめん300年PR事業と連携し、支援するための交付金対象事業を募集し、住民団体から交付申請を受け、本年8月29日付けで次のとおり交付決定を行いました。

 

  • 団体名:Happy Birthday 丹後ちりめん 300th(京丹後市)
  事業名:丹後ちりめん創業300年プレイベント「高蔵染×BimBomBam楽団 LIVE SHOW」

 

  • 団体名:丹後ちりめんの文化と歴史を学習し体験する会(京丹後市)
  事業名:丹後ちりめん体験活動

 

[問い合わせ先]

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会 事務局

TEL 0772-68-5222/FAX 0772-68-5300

E-Mail 300info@tanko.or.jp

 

 

[丹後ちりめん創業300年事業実行委員会<構成団体>]

丹後織物工業組合/丹後機械工業協同組合/宮津商工会議所/京丹後市商工会/伊根町商工会/与謝野町商工会/(公財)京都府丹後文化事業団/(一社)京都府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)/(株)京都銀行/京都北都信用金庫/但馬信用金庫/丹後海陸交通(株)/WILLER TRAINS(株)/京都府/宮津市/京丹後市/伊根町/与謝野町

 

JR京都駅前のホテルに「丹後ちりめんの間」が誕生

Thu, 2019/09/05 - 12:06
 8月29日にオープンした「三井ガーデンホテル京都駅前」(京都市下京区)に「丹後ちりめん」を用いたコンセプトルーム「丹後ちりめんの間」が完成した。
 丹後ちりめん創業300年事業実行委員会が三井ガーデンホテルからの依頼を受け、丹後ちりめんをはじめとする織物と農商工連携の新商品開発と販路開拓をする与謝野町商工会「売れる商品づくりプロジェクト」とともに協力。与謝野町の株式会社一色テキスタイルが提供した丹後ちりめんの生地が様々な色の組み合わせで、障子やクッション、ランプなどに、また、丹後織物工業組合の「きぬもよふ」スキンソープ(洗顔せっけん)、スキンクリーム(保湿クリーム)などがアメニティに使用されている。
 同ホテルは136室を備え、京都駅から徒歩3分の位置にあり、京都市内各観光地へ発着するバス乗り場にも至近の立地で、観光・レジャー、ビジネス問わず、利便性が高い立地となっている。

 

■三井ガーデンホテル京都駅前

住所…〒600-8216 京都市下京区東塩小路町848番

電話番号…075-353-3135

URL…ホテル https://www.gardenhotels.co.jp/kyoto-station/

丹後ちりめんの間

https://www.gardenhotels.co.jp/hotekatsu/plan-kyoto-st-chirimen/

 

▲コンセプトルーム「丹後ちりめんの間」

 

 

[問い合わせ先]
丹後ちりめん創業300年事業実行委員会 事務局
TEL 0772-68-5222/FAX 0772-68-5300
E-Mail 300info@tanko.or.jp
URL https://tangoopen.jp/

 

[丹後ちりめん創業300年事業実行委員会<構成団体>]
丹後織物工業組合/丹後機械工業協同組合/宮津商工会議所/京丹後市商工会/伊根町商工会/与謝野町商工会/(公財)京都府丹後文化事業団/(一社)京都府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)/(株)京都銀行/京都北都信用金庫/但馬信用金庫/丹後海陸交通(株)/WILLER TRAINS(株)/京都府/宮津市/京丹後市/伊根町/与謝野町

 

1 2 3 4 5 21
PAGE TOP