▶ログイン
Home

丹後織物求評会入賞作品決定

Thu, 2014/11/27 - 10:13

丹後織物工業組合では、第65回丹後織物求評会を11月25日(火)~27日(木)の3日間に亘り、京都産業会館コムスホールにて開催。初日の25日は、組合員25業者から出品された158点の作品について審査会が行われました。
審査会では山田純司氏(京都織物卸商業組合副理事長)を審査委員長に、総勢17名の審査員が「後染織物」・「先染織物」の各部門に別れて織技術、市場性、意匠面など細目にわたった厳格な審査が行われました。
その結果、栄えある経済産業大臣賞に後染織物部門から「紗織」(有限会社三徳)が選出されたほか、中小企業庁長官賞に「萌黄(もえぎ)」(松田織物有限会社)、経済産業省製造産業局長賞に「メッシュ 蔓立枠」(江原産業株式会社)と「ちりめん帯揚 経金ヅメ」(有限会社梅徳機業場)、また農林水産省生産局長賞には「横段に水玉」(江原産業株式会社)、近畿経済産業局長賞に「変無地Ⅴ」(川八工場)がそれぞれ選出されるなど、12賞17点の入賞作品を決定しました。
消費税増税の影響から消費活動が低迷し、円安によるコストアップも重なり丹後産地も依然として厳しい生産環境にあるが、26日・27日の展示商談会にはメーカー産地として27業者が、『丹後 和の技 美伝承』をテーマに、匠の技を結集したものづくり作品及び幅広い分野に向けた未来志向の作品を展示発表しています。
また会場内では、暦年の「丹後ちりめんオリジナルきものカレンダー」にて使用された振袖が展示しています。
なお、今回も若手機業グループ「絹友会」によるブース展示、丹後産地と服飾専門学校などがコラボした作品を同時発表しています。
是非、ご来場ください。
どなたでもご来場いただけます。

 

http://www.tanko.or.jp/news+article.storyid+630.htm20141127091102-0001

【第65回丹後織物求評会 総合展示商談会】

○日時:平成26年11月26日(水)午前10時~午後5時
        11月27日(金)午前10時~午後4時
○場所:京都産業会館5階 コムスホール京都市下京区四条室町東入(地下鉄烏丸線 四条駅下車・阪急電車 烏丸駅下車 徒歩2分)
※駐車場サービスは行っておりません。

《出展業者/五十音順》
足照工場・(株)一色テキスタイル・(有)梅徳機業場・江原産業(株)・エバラテキスタイル・織元金重・川八工場・木本織物・クスカ(株)・(有)三徳・篠春織物(株)・柴田織物・田勇機業(株)・丹後生糸(株)・中健織物(株)・羽賀織物・前満織物・松田織物(有)・丸幸織物(有)・万定織物(株)・(株)宮織・(株)安栄機業場・安田織物(株)・(有)山政テキスタイル・遊絲舎・与謝野織物(株)・(株)吉村商店・(株)ワタマサ

【企画展】
◇「産学公コラボ作品展」
“丹後ちりめん”と服飾専門学校等の出会いが、新たな可能性を導き出したコラボ作品。
◇絹友会PRブース「~ものづくりからものづくりへ~」
丹後若手機業グループ「絹友会」のメンバーによる作品を提案します。
◇男のきもの商品開発作品展
これからの市場(男)をターゲットに粋なきものを披露します。

◇丹後ちりめんカレンダーきもの展
丹後ちりめんカレンダーを彩った女優たちが着用した「丹後ちりめん」の振袖の歴史を展示します。

【主催】丹後織物工業組合
【後援】経済産業省・京都府・京都織物卸商業組合
【協力】上田安子服飾専門学校・京都造形芸術大学・ディーズファッションデザイン専門学校・東洋きもの専門学校(順不同)

 

IMG_2278

Category

丹後織物工業組合

〒629-2502
京都府京丹後市大宮町河辺3188
TEL:0772-68-5211
FAX:0772-68-5300
E-mail:tanko@tanko.or.jp
URL:https://www.tanko.or.jp
PAGE TOP